サラ金という業者

1980年を境に、いわゆるサラ金という業者の生態が浮かび上がってきました。金利が特別大きく、取り立て方法も常軌を逸していたので、社会問題になり新聞テレビのニュースでも取り上げられました。また執拗に追いつめられて、利用者が自殺に至った例も多数あります。
その後法整備が進み、利用者に対するある一定の保護措置もとられるようになりました。旧態依然としたサラ金業者の一部は合併や衰退により徐々に姿を消して行きます。

お金を借りる主婦についてはhttp://www.touyou-house.jp/をご覧下さい!

このブログ記事について

このページは、pjが2014年2月27日 11:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「全身脱毛して肌の手入れから解放されました」です。

次のブログ記事は「モビットのカードローン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。