2012年12月アーカイブ

 あなたはモビットを知っていますか。
モビットとは、「Mobile」「Money」のMoとデータの単位「bit」からつけられた日本の銀行系消費者金融会社の一つです。
提携ATMは2011年の時点で100,000台を超えており、平日19時までなら即日審査をしてもらえるところがウリとなっています。
もちろんそれだけでなく、Web上ですべての手配ができること、三菱東京UFJ銀行とプロミスとアプラスの共同出資会社のため信頼があること、おまとめローンでの利用も可能なこと、審査がネット上で最短で10秒でできるというところもモビットの強みです。パートやアルバイトでも借り入れができることもあります。
しかし、その一方で誰でも簡単に借り入れができるため、返済できないほどの借金を作ってしまう人もいます。もちろんこれはモビットだけでなくどこの消費者金融でも言える話です。また、返済すればするほど、借入の限度額が上がっていくのでエスカレートすることも多いようです。くれぐれも注意が必要です。
消費者金融のお世話にならないのがいちばんですが、もし本当に困ったなら金利の安いモビットを使ってみてはどうでしょう。モビット審査・申込み【※モビットPC・スマホの方専用窓口】

" おまとめローンと聞くと、一時詐欺まがいに横行した消費者金融のローンを思い起こす人がいるかもしれません。この場合は、いくつもの消費者金融から、返済能力を超えたローンを組み、支払いに追われた人を狙って、さらに高額な金利でローンを組ませるという手口でした。借金を一つにまとめたものの、高額な手数料を上乗せされて上に、月々の支払いが増え、担保に家を取られるなどのケースが社会問題になったので、「おまとめ」とう言葉には、悪いイメージが付きました。
 しかし、最近では、メガバンクもおまとめローンという言葉を使って、顧客の取り込みを図っています。低金利が続き、定期預金の新規顧客開拓が難しい状況下では、返済能力が十分な方への住宅や教育ローンが収益が望める事業の一つになります。出来れば、他の金融機関からのローンをまとめて引き受けたいと考えるのが自然でしょう。その為に、ローンの金利を割り引いたり、さらには金額に応じて、定期金利を優遇したり、プレゼントをくれたり、投資信託の手数料を割り引くなどのサービスを行っています。
 消費者にとってもメリットが大きいおまとめローンの利用者は今後ますます増えるでしょう。"

おまとめローン比較調査隊【※一本化できた件数NO1サイト!】

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。